水虫は男性特有ではない時代!

水虫についてのイメージを否定する医師水虫と聞くと、年齢を重ねた男性、俗に言われるおじさん、お父さんがなる皮膚病と言うイメージが定着しています。
男性は仕事柄、長時間革靴を履く機会が多く、足が蒸れやすいため水虫に感染しやすく、感染者も増えていたと考えられます。
ですが、水虫が女性より男性、中年男性に多いというイメージは間違いです。
水虫は、白癬菌という真菌による感染症の一種です。
ですから原因菌に感染をすれば性別、年齢関係なく発症する病気なのです。
よって若い女性や子供でも水虫にかかることは十分あり得ることだと言うことです。
近年では、女性の社会進出の増加により、足先の細いヒールを履いて仕事をする女性が増えてきています。
女性の場合、おしゃれでブーツを履くことも多く、ブーツは高温多湿になりやすい履物なので感染率が高くなります。
外出先で、ブーツやヒールを履いている時間が長ければ長いほど蒸れやすく、水虫に感染しやすい環境が出来上がっているのです。
水虫の原因菌の代表として挙げられるのは、白癬菌と呼ばれるカビの一種で、目視することはできません。
そのため知らず知らずの内に感染してしまう可能性があります。

白癬菌はカビですから、温度と湿度が高い場所を好み、そういった場所ではどんどんと繁殖していきます。
たとえば脱衣所の足ふきマットや靴などは、高温多湿になりやすいものです。
よって家族内に白癬菌を有している人がいて、その人と足ふきマットを共有していたりすると感染するリスクはどんどん高くなってしまいます。
また白癬菌が付着した状態で、靴を履き続けて蒸れた状態を強いられていると、ますます白癬菌は繁殖していきます。
その結果として水虫を発症すると言うのも十分に考えられることです。

感染しないためには、家族と足ふきマットの共有は避けることや床などは常にきれいにしておくことが大切です。
足の指と指の間や裏側は清潔に保つこと、そして靴を履いている時でも通気性を心がけることも求められます。
また足ふきマットや靴などを毎日洗濯や除菌をし清潔に保っておくのも有効です。
基本、1日に1回しっかり洗い流す事によって、白癬菌の感染を予防できます。

しかし、おとうさん世代は仕事で疲れて帰宅し、ゆっくりお風呂に入れないことがあります。
付き合いでお酒を飲み酔っぱらって足の裏をキレイに洗い流さないで寝てしまうという事があるでしょう。
このような状況が続けば続くほど、白癬菌に感染するリスクが高まるのです。
そして、女性の場合も同じことが言えるのです。
もはや現代において、男性、女性、年齢層に関係なく水虫になる環境はあるのです。

もし、水虫になってしまったとしても、皮膚科での治療を継続すれば完治する事が可能です。
治療では白癬菌を死滅させる、ニゾラールやラミシールなどの抗真菌薬にて治療が行われます。
ニゾラールの成分は「ケトコナゾール」で、基本的には塗り薬です。
ラミシールの成分は「テルビナフィン」で、クリームタイプから錠剤まで様々で、身体の中から治療することができる優れものです。
治療は早ければ早い程、治りも早まるので症状を感じたら皮膚科で受診をしましょう。

水虫はこんなところにできる!症状は?

水虫は「水虫」として一括りに認識されていますが、実際には感染した部位と症状によっていくつかの種類に分けることが可能です。
では具体的にどのような種類に分けられるかというと、まず足にできるものが趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪白癬などの四種類に大別されます。
頭皮が水虫になると「しらくも」と呼ばれる水虫が引き起こされますし、手や股間などにも発生することがあるため水虫は全身に発生する恐れがあるのだと覚えておきましょう。

趾間型は足の指の間に出来るもので最もポピュラーものです。
強いかゆみが伴い、皮がむけてグジュグジュと赤く皮がただれる症状があらわれます。
小水疱型は足の裏や側面などに水ぼうそうのような水疱が出来てしまうものす。
症状として、水ぶくれはかゆみを伴い、赤く腫れあがるのが特徴です。
角質増殖型はかかとにひびが入って皮膚が固くなってしまいます。
確執増殖型の症状には、特にかゆみはあらわれず、水疱もないので乾燥肌になったと勘違いしやい水虫です。
皮がむけやすいので家族など、身近な人への感染の可能性が高いのが特徴です。
爪白癬そして、爪白癬は爪の内部に白癬菌、要するに水虫を引き起こす菌が入り込んでしまい、爪が白く変色して崩れていってしまうものです。
最も重症なのは爪白癬で、爪の奥底に菌が入り込むと完治がなかなか難しいとされています。
いずれも放置していると悪化していくことになりますから気づいた時にすぐ処置するようにしなくてはなりません。

足の水虫以外の症状として、しらくもは悪化するとフケのようなものが皮膚から出るようになり、髪の毛が抜けやすくなります。
手に白癬菌が感染した手白癬になると、日常で手を使うことが多いため治療が難しく長引くケースが多いと言われます。
股、陰嚢、お尻などにできるインキンタムシは男性に多い水虫です。
フケのように角質がぽろぽろと落ち、足の小水疱型のように、水疱ができかゆみを伴うのが特徴です。

一度患ってしまうとほとんどのケースで長い付き合いになる厄介な病気が水虫です。
症状自体は、かゆみを伴うものが多く、それほど厳しいものでありませんが、いずれも完治しにくいと言われています。
厄介なのは、その原因である白癬菌が生命力が強く簡単には死滅しないため、完治したと思ってもすぐに再発したり、季節が来ると再発したりします。

水虫予防の基本は清潔と乾燥!

水虫の早期発見ではこうした水虫を予防するにはどうすれば良いのかというと、基本となるのは清潔と乾燥です。
白癬菌は環境によっては感染しやすくなりますが、皮膚に付いたとしても24時間以内に洗い落せば水虫という症状になって現れることはほとんどありません。
ただし全ての白癬菌を一回洗っただけで落とせるという保証はありませんから、常に乾燥させて白癬菌が繁殖できない環境を作ることもが大切です。
清潔を保つこと適度な乾燥を徹底して白癬菌が定着するのを防いでいけば水虫の大半は予防が可能となっています。
ただしどのような場合でもうっかり感染してしまった、定着して悪化してしまったということはあり得ます。
足などはこまめにチェックして怪しいと思った時には医療機関へ診察へ行くか薬を使って治療するようにしましょう。
早期発見も予防の対策の一つとなるからです。

水虫の予防と対策を考えるのであれば、感染した場合の新薬に期待をするよりもまずは除菌にて清潔にするということが基本になると考えるのがいいでしょう。
最近は水虫に対する新薬の開発も行われてはいますが、新薬が常に効くというわけでははありません。
どんな水虫であれ、基本は除菌し、水虫ができにくい環境を作ることで薬も効果を発揮するということは変わらないのです。

水虫菌は水分や湿気があるところを好みます。
なので、足のが蒸れやすい環境というのは水虫に感染するリスクを高めているのと同義です。
現代人は靴下、靴を常に履いているような状態ですから、足に水虫が出来やすいのです。
革靴やブーツなどはさらにその確率を高めます。
まずは、これを清潔で乾燥させた状態にするということから行うべきでしょう。

とはいっても常時靴や靴下をはかないということが出来ないのは事実です。
せめて休憩時間に靴を脱いで足先に空気を触れさせるということをするといいでしょう。
こうすると靴にも空気が入るので乾燥状態を保て、水虫菌を増やすこともしなくて済むでしょう。

水虫は一度感染すると完治はなかなかしません
ですから、症状がよくなったからといって足を清潔にするのを怠ったりしていると、すぐに水虫は再発し、悪化します。
基本的に誰でもなる症状で、一度かかるとなかなか治りにくい症状ですし、治すにもかなりの時間がかかる病気です。
だからこそ予防が大切で、かかってしまったと思った時には初期の状態から清潔と乾燥を心掛け、しっかりと治していくことが必要です。