水虫と診断されたら回収すべきもの

バスマット水虫の感染を予防するためには、正確な生活習慣を営むことが求められます。
対策と言っても、菌が付着した衣類などを回収するだけで良いので、難しいことはありません。
医師による診断通り、適切に水虫に向きあえば、必ず完治させることができます。

まず、マットはスリッパは個々で使い分けしなければなりません。
誤って同一の物を使用しないように、使用後に回収することも大切です。
部屋の床全体を、定期的に掃除することも重要です。
可能な限り、自分専用のバスマットやスリッパを準備し、他の人と共同利用することは避けましょう。

次に、丁寧に足を洗う事も不可欠です。
指と指の隙間を、しっかりと洗浄してください。
洗う場合に気をつけるべきことは、強い力で擦らないということです。
外出時や外泊時など、足を洗うことができずに、水虫対策が講じられない場合は、アルコールが配合されている除菌シートで拭き取ると良いでしょう。
アルコールが含まれている除菌シートで定期的に足を拭くことは、医師の診断を受けた場合に、必ずアドバイスされるほど効果的かつ重要な事です。

そして、日頃着用する靴下の形状も、変化させると良いでしょう。
これまで着用してきた靴下には、白癬菌が付着している可能性が高いので、回収し処分しましょう。
回収し、処分した後に選ぶべき靴下は、5本指のタイプが好ましいです。
特に、足の指が太くて、指同士がくっついた状態になっている方は、蒸れやすく水虫になりやすいので、5本指のソックスが最適です。
初期段階は、履き心地に違和感を覚えますが、慣れると違和感無く履きこなせます。
慣れてきたら、生地にもこだわるようにすると良いでしょう。
医師の診断を再優先に、楽しみながら水虫を治癒してください。