水虫は医療機関で治療~ルリコンクリームとは?~

足のかゆみ足の裏の皮膚がむける、痒みを感じるようになったら、水虫を発症しているかもしれません。
白癬菌というカビの1種が、皮膚の角質層部分に感染する事で水虫となります。
感染者だけでなく白癬菌は、垢と一緒に剥がれ落ち、それを踏んだ片が白癬菌に感染してしまうというケースも考えられます。
水虫は他人にうつしてしまう皮膚感染症という事もあり、できるだけ隠しておきたいと思う方も多いでしょう。
ドラッグストアなどで購入できる市販薬や、水虫の民間療法も多く、こっそり治したいと考えてしまいます。
ですが、市販薬や民間療法では完治する事は難しいようです。

皮膚病の中には水虫と同じような症状を起こすものもあり、他の皮膚病だった場合、市販薬でケアした事によって症状が悪化してしまいかねません。
ですので、白癬菌に感染しているかどうかを知る為にも、まずは医療機関を受診しましょう。
多くの医療機関では症状が出ている部分の角質取り、顕微鏡で白癬菌が感染していないかチェックする検査を行います。
この検査によって白癬菌が確認されたら、抗真菌薬により治療します。
皮膚に白癬菌が感染している場合、ほとんどが外用薬での治療です。

抗真菌作用のある外用薬の種類は色々とありますが、その中でもルリコンクリームは白癬菌に対して優れた効果を発揮するとして、医療機関ではポピュラーに処方されています。
ルリコンクリームは白癬菌の細胞膜に作用し、白癬菌の再合成を阻止し殺菌するのが特徴です。
しかも、皮膚に長く留まる処方となっている為、1日1回ルリコンクリームを塗るだけでも治療の効果を発揮します。
症状により個人差はありますが3カ月から半年程、治療を行う事によって水虫が完治する方が多いようです。